おとてく

おとてく

作曲家/レコーディングエンジニア。フリーランスでギリギリ生きていけてる33歳が書くメディア。

16ビートのノリを出すコツはハイハットではなく、バスドラとベースにある!

f:id:oto_tech:20170611012001j:plain

タイトルでほとんど全て言ってしまってますが、16ビートのノリを出すのに重要なのはハイハットじゃないよ!というお話。

 

スポンサーリンク
 

 

16ビートってのはドラムだけの用語じゃない! 

「16ビート」でググると、「ドラム」が主語になってる文章を結構見かけるんですが、この言葉はドラムだけに関する用語ではありません。ましてや、ハイハットの叩き方を表す言葉でもありません

16分を基調としたリズムそのもののことを指します。 

 

で、その16ビートのノリを決定づけるのは何なのか、というのが今回のテーマ。

ハイハット(以下、HH)、バスドラム(以下、BD)、ベース(以下、Ba)に注目して見ていきます。

いくつか例を用意しましたので聴いてみてください(比較が分かりやすいように、ピアノは全パターンで同じフレーズです)。

 

パターン①HHだけが16分音符を刻んでいる場合

HH:16分

BD:4分

Ba:4分

 

ドラムは、よく教則本なんかで「16ビート・その1!」みたいな感じで書かれてるようなフレーズですね。HHが16分音符を刻んでいて、BDは4分音符で踏まれています。

そして、Baも4分音符を基調としたフレーズを打ち込みました。

 

どうでしょう?あまり16ビートを感じないのではないですか?

実は、HHが16分音符を刻んでいても、BDやBaが4分や8分を基調としたフレーズだと16ビートらしくはならないのです。

 

パターン②BDが16分を基調としたビートになった場合

HH:8分

BD:16分

Ba:4分

 

では、このフレーズだとどうでしょう?

HHは8分音符を刻んでいますが、BDが16分音符を基調としたビートに変わっています。

Baはパターン①と同じフレーズです。

 

さっきよりも、16分音符を感じられるようになりましたね。

HHよりもBDの方が16ビートのノリを出す役割としては大切だと分かります。

 

パターン③Baが16分を基調としたフレーズに変わった場合

HH:8分

BD:4分

Ba:16分

 

では、このフレーズ。

BDは4分音符に戻しました。

Baだけが16分音符を弾いています。

どうですか?パターン②よりも更に16ビートっぽくなりましたね!

 

実は、16ビートを感じさせるにはBaが非常にキモなのです。その重要度はHHとは比になりません。

 

パターン④BDもBaも16分を基調とした場合

HH:4分

BD:16分

Ba:16分

 

最後にこのフレーズ。

ドラムはBDが16分音符を基調としたビート。

Baは16分メインのフレーズです。

 

より16ビートっぽさが増しましたね。

 

結論

「ハイハットが8分音符ならその曲は8ビート」、「ハイハットが16分音符ならその曲は16ビート」と思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな誤解で、

実際には、ハイハットよりも遥かにバスドラとベースが大事なのです。

 

そして、バスドラとベースを比較すると、

ベース > バスドラ

で、ベースの方がより16ビートのノリを出すのに重要です。

 

さきほどのパターン④は最も16ビートらしいフレーズでしたが、Baだけが16分を弾いていたパターン③でも、十分に16ビートのノリが出ていたことからも分かります。

 

参考曲

宇多田ヒカル『traveling』

www.youtube.com

基本的にHHは8分の裏にしか入っていませんが、Baが16分のノリを出していますね。

(まぁシェイカーとかは16分で入ってますが)

 

スピッツ『ロビンソン』

www.youtube.com

Aメロが分かりやすいです。見事に「HHは8分、BDも8分、Baだけが16分」で、16ビートを形成してます。

Bメロ以降でBDが16分を踏み始めても、HHはほとんど16分が出てきてませんね。

 

 

この記事を書いた人のTwitterはこちら。