おとてく

おとてく

作曲家/レコーディングエンジニア。フリーランスでギリギリ生きていけてる33歳が書くメディア。

コードが分かると作曲が出来る!「作曲にはコードの順番が大事!」編

f:id:oto_tech:20170922224424p:plain

前回、コードが分かると作曲が出来る!「作曲に使うコードを知ろう!」編で、「ダイアトニックコード」を紹介しました。

今回は、これをどのように使えば作曲できるのか、という話をしていきます。 

 

前回の記事をお読みでない方は、先にコードが分かると作曲が出来る!「作曲に使うコードを知ろう!」編をどうぞ!

 

 

作曲にはコードの順番(=コード進行)が大事!

f:id:oto_tech:20170918181928p:plain

f:id:oto_tech:20170918193802p:plain

コードは、ただ闇雲に並べただけでは曲っぽくなりません。

それだと曲が前に進んで行く感じがしないんですね。

コードの順番(=コード進行)が大事なんです。

 

コードを、それぞれの役割に従って進行させることで、曲らしくなっていきます。

 

コードには役割がある 

トニック

C、(Em)、Am

上記のコードはトニックと呼ばれ、落ち着くサウンドになります。

安定感のあるコードなので、コード進行のうち最初や最後に持ってきやすいです。

 

とくにCとAmはその機能が強くなります。

ざっくり言うと、Cで始まれば(終われば)明るい曲に、Amで始まれば(終われば)暗い曲になります。あくまでざっくりですが。

 

ドミナント

G、(Bdim)

上記のコードはドミナントと呼ばれ、落ち着かないサウンドになります。

ふわふわしたコードなので、安定感のあるトニックに進みたがる性質を持っています。

 

コード進行の最初や最後には持ってきづらいコードで、Gが代表格です。

 

サブドミナント 

(Dm)、F

上記のコードはサブドミナントと呼ばれ、どちらともつかないサウンドです。

あやふやなコードなので、コード進行のどこにでも持っていけるコードです。

 

最初に持ってくれば、その後の進行次第で明るくも暗くもできます。

最後に持ってくれば、余韻を残した終わり方になります。

 

Fが代表ですが、Dmもよく使われます。

 

基本的な並べ方

トニックドミナントトニック

トニックサブドミナントトニック

トニックサブドミナントドミナントトニック

トニックドミナントサブドミナントトニック

 

上記が、もっとも基本的な4つの進行です。

 

ちなみに④は、

昔は「ドミナント→サブドミナントにしたら気持ち悪くね?」なんて言われて敬遠されてましたが、

現代では「いやそんなことなくね?」と普通に使われています。

 

さて、実際のコードをあてはめて一例を挙げてみると・・・

① → → C

② → → C

③ Am → Dm → → C

④ → → F C

となります。

ほかにも色々なパターンが考えられます。

もちろん、四和音を使ってもいいですよ。

 

この例を実際のサウンドで聴いてみましょう。

スポンサーリンク
 

 

ダイアトニックコードをローマ数字で表す

は?いきなりローマ数字???

と思われるかもしれませんが、これ、コード進行を表記する上でめちゃくちゃ便利なんです。

ローマ数字ならいろんなキーに対応できる

ここまでずっと、Cメジャーキー、つまり「ドレミファソラシ(ド)」から成るキーを前提に話を進めてきました。

ですが、キーはDメジャーキー、Eメジャーキー、Fメジャーキー・・・と、他にもたくさんあるわけです。

 

たとえば、上記のトニックドミナントトニック

のパターンも、

Cメジャーキーの場合は→ → Cですが、

Dメジャーキーの場合は→ D

Eメジャーキーの場合は→ E

となるんですね。

 

で、こんな風にいちいち「○○キーの場合は〜〜」なんて言うのはまどろっこしい!ということで、よく使われているのがローマ数字表記なんです。

 

ローマ数字に置き換えてみると

f:id:oto_tech:20170918204209p:plain

このようになります。

ⅠからⅦまでに置き換えただけですね。

 

これが例えばDメジャーキーならD、Em、F♯m、G、A、Bm、C♯dimとなり、

Eメジャーキーなら、E、F♯m、G♯m、A、B、C♯m、D♯dimとなりますが、

それが全部、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅶと書くだけで済んでしまうわけです。

 

ところで余談ですが、ローマ数字の書き方ってドラクエとFFで覚えませんでした? 

   

定番コード進行

ツーファイブ

 → 

めちゃくちゃそのまんまな名前ですが、2番目と5番目のコードを並べた進行です。

Cメジャーキーなら、

Dm → Gです。

 

ドミナントはコード進行の最後には持ってきづらいと書きましたね。

実際、(ドミナント)がトニックに進みたがるので、とくに →  という繋がり方が多く見られます。

たとえばサビの頭が Ⅰ で、その直前が  →  といった使い方ですね。

 

カノン進行

 →  → 

パッヘルベルの「カノン」で用いられている進行で、J-POPでもよく見られます。

Cメジャーキーなら、

C G → Am → Em → F → C → F → Gです。

 

やはりドミナントはトニックに進みたがるので、最後に  に戻るとキレイです。

 

【参考楽曲】GLAY『SOUL LOVE』

サビ前半がほぼカノン進行です。

実は、純粋なカノン進行のポップスは少なめで、どこかが若干ちがってたりします。

『SOUL LOVE』の場合は、

 →  → V

※太字で斜体になっているところがカノン進行と異なる部分です。 

となります。ツーファイブに置き換えているわけですね。

 

この曲のキー(Bメジャー)に合わせると、

B → F♯ → G♯mF♯ → EBC♯mF♯

となります。

 

王道進行

 → 

「王道進行」という名称は昔はなかった気がしますが、最近ネット上ではよく使われているようです。

とはいえ、コード進行自体は昔からの大定番。とくに日本人は大好きな進行と言われています。

Cメジャーキーなら(Aマイナーキーと言ってもいいかもしれません*1 )

FG → Em → Amです。

 

この進行の曲は山ほどあります。

 

【参考楽曲】Every Little Thing『fragile』

イントロがまんま王道進行です。

この曲のキー(Fメジャー/Dマイナー)に合わせると、

B♭ → C → Am → Dm

となります。

 

小室進行

Ⅵ → Ⅳ → Ⅴ → 

小室哲哉氏が多用したコード進行。

といっても、小室氏の曲、そんなにこの進行ばっかりってこともないです。

Cメジャーキーなら(これもAマイナーキーと言ってもいいかもしれません)

Am → → → Cです。

 

この進行の曲もたくさんあります。

 

【参考楽曲】スピッツ『楓』

サビがまんま小室進行です。

同じコード進行を繰り返しています。

この曲のキー(A♭メジャー/Fマイナー)に合わせると、

Fm → D♭ → E♭ → A♭

となります。 

 

 

今回はここまで!

次回は、「コードを楽器へ割り振ろう!」編をお送りします!

 

 

 

この記事を書いた人のTwitterはこちら

 

*1:Cメジャーキー(ドレミファソラシ)とAマイナーキー(ラシドレミファソ)は構成音が同じです。詳しくは、「曲のキー」って何?が分かる!音楽理論なんて知らないという人に向けて解説!を読んでください。

コードが分かると作曲が出来る!「作曲に使うコードを知ろう!」編

f:id:oto_tech:20170922224333p:plain

近頃、

“音楽の才能は遺伝が9割”、作曲はできない人には絶対できない”

なんて記事がちょっとした話題になっていました。

僕はこの記事には否定的なスタンスです。

確かに、センスみたいなものは遺伝するのかもしれません。

しかし、「作曲の仕方」さえ分かっていれば、作曲というのは誰しもができるものなんです。 

続きを読む

スタジオ246OSAKAのセルフレコーディングサービスが安くて素晴らしかった件!

f:id:oto_tech:20170922124007p:plain

梅田のお隣、中崎町にあるスタジオ246 OSAKAでレコーディングをしてきました!

 

スタジオ246のなかにはレコーディングスタジオもありますが、

僕が利用したのは、

「セルフレコーディング」というサービスです。

 

今回、僕は学生時代の友人がやっているバンドの録音をすることになりました。

予算の都合上、ふつうのレコーディングスタジオを借りるのは難しいということで、このサービスを利用することになった次第です。

 

基本的にスタジオ246はリハスタなんですが、

OSAKA店には「SELF REC ROOM」という、いわゆるコントロールルーム*1的な部屋が用意されているのです。

 

そして、普段はリハーサルに使われている「3st」と「SELF REC ROOM」をリンクすることで、バンド等の演奏をレコーディングできるわけです。

 

http://widewindows.com/selfrecording/images/common/sr_osaka_exsample02.png 

詳しく見ていきましょう! 

 

*1:レコーディングスタジオにおいて、ミキサー等の録音に必要な機材が置かれた部屋。

エンジニアはこちらの部屋でDAW(まれにテープレコーダーとかも)に音を記録していきます。

続きを読む

楽曲公募サイト「ARTIST CROWD」のコンペで割と勝っている話

f:id:oto_tech:20170914115129p:plain

ARTIST CROWD(アーティストクラウド)というサイトのコンペで割と採用されています。

僕も登録してから日が浅いんですが。

 

コンペって5年以上やってなかったんですけど、勝率が高いのでこれからは積極的に参加していこうと思っています。

 

続きを読む

実は英語じゃなかった!海外では通じない日本生まれの音楽用語10選!

f:id:oto_tech:20170913151212j:plain

英語のようでいて英語でない、「和製英語」。

音楽用語のなかにも、実は海外では使われていない日本独自の言葉がたくさんあります。

 

外国人のミュージシャンやスタッフとコミュニケーションを取る時に、

「え!?通じない!?」とならないように、日本生まれの音楽用語を知っておきましょう。

 

続きを読む

作曲家・レコーディングエンジニアがおすすめのマイクを7種紹介!

f:id:oto_tech:20170903203615j:plain

歌や生楽器を録ろうとすると必ず使うことになるのがマイクです。

ネットを見ても、雑誌を読んでも、星の数ほどのマイクが紹介されていて、

いったい何を買えばいいか分からない!という人も多いかと思います。

 

そこで今回は、作曲家であり、レコーディングエンジニアでもある僕が、独断と偏見でオススメのマイクを7種紹介します!

 

続きを読む

リコーダーなのにサックスの音!? YAMAHA Venova YVS-100を買ってみた!

「まったく新しい管楽器」との触れ込みで、YAMAHAから8月30日に革新的な商品がリリースされました!

 

それが、

Venova(ヴェノーヴァ)です!

 


動画見てください。

これ、すごくないですか?

知らない人に聴かせたら、ほとんど皆「サックスの音」って答えるんじゃないでしょうか?

 

続きを読む