おとてく

おとてく

作曲家/レコーディングエンジニア。フリーランスでギリギリ生きていけてる33歳が書くメディア。

ディレイを使ってここまで出来る!簡単で効果抜群なディレイの使い方5選!

f:id:oto_tech:20171008005957p:plain

「コードが分かると作曲が出来る!」シリーズはちょっとお休みして、

今回は「ディレイ」について書かせていただきます!

 

ディレイといえば「音を遅らせる」エフェクター。

が、その使い方しかしていないアナタは非常にもったいない!

パラメータの設定をちょっといじるだけで、コーラスやフランジャーなど、様々なエフェクト効果を生み出すことが出来るのがディレイなんです。

 

では、Pro Tools標準装備のディレイプラグイン「Mod Delay Ⅲ」を使って、色々なエフェクトを作ってみます。

もちろん、他のDAWのディレイでも同じことができますよ!

 

 

コーラス

f:id:oto_tech:20170524222416j:plain

まずは「コーラス」。

音に揺らぎを与えるエフェクターですね。

ギターのアルペジオのフレーズにかけるのは「あるある」です。

これを、ディレイで作ってみましょう。

こんな音になります。

前半はバイパス。後半から(0:10〜)コーラスが付きます。

設定

ルーティング

直接インサート

mix

50%

delay time

10msec〜50msec

modulation depth

10%〜50%

modulation rate

1Hz前後

feedback

少なめorなし

「modulation」は、機種によっては「LFO」と表示されていますが、同じものです。

コーラスをかけたいトラックに直接インサートすればOKです。

ただし、mixを100%にしてしまうと原音が消えてしまいますので、50%にしましょう。

わずかにピッチを揺らした音が遅れて重なることで、コーラス効果が生まれます

そもそも、コーラスというエフェクター自体がディレイを応用して作られたものなんですね。

 

ステレオディレイを使って、左右で微妙に違う数値にしても面白いです。

実際、上のサンプルは左右の数値を僅かに変えて、広がりを生んでいます。

 

 

ジェットサウンド(フランジャー)

f:id:oto_tech:20171005132933j:plain

フランジャーを使って作るサウンドと言えばジェットサウンドです。

飛行機のうねるような轟音を再現したエフェクトですね。

これもディレイで作れます。

前半はバイパス。後半から(0:07〜)ジェットサウンドです。

設定

ルーティング

直接インサート

mix

50%前後

delay time

1msec〜3msec

modulation depth

10〜100%

modulation rate

0.05Hz〜0.30Hz

feedback

10%〜95%

フランジャーもディレイを応用して作られたもので、基本的な原理はコーラスと同じです。 

ポイントはmodulation rate。あまり細かい周期にしてしまうと、ジェットサウンドらしいうねりにならないので注意してください。

 

 

エコー

f:id:oto_tech:20171005133246j:plain

カラオケ店にある「エコー」はリバーブとは違って、ディレイを使って得た山びこ効果です。

ボーカルのミックスでも、リバーブとエコーを二重でかけるといったことはよく行われています。

実際に作ってみた音がこちら。

後半から(0:07〜)エコーが付いています。

設定

ルーティング

センドリターン

mix

100%

delay time

180msec〜200msec

modulation depth

なし

modulation rate

なし

feedback

10%〜50%

LPF

2000Hz〜8000Hz

「LPF」は、機種によっては「Low Pass Filter」、「HCF」、「High Cut Filter」と表示されていますが、全て同じものです。

エコー的に使う場合は原音もそのまま残したいので、センドリターンでかけます。

※センドリターンの方法については、過去記事のセンドするか?直接インサートするか?プラグインエフェクトの種類による使い方の違いをどうぞ。

 

ポイントはLPFです。ディレイ音を原音より若干こもらせることで音の輪郭がぼやけて、エコーらしくなります

 

スポンサーリンク
 

疑似ステレオ

f:id:oto_tech:20171007234807j:plain

1本の音を、疑似的に左右に2本録音したかのように聞こえさせるテクニックです。

アコギ1本のみの録音ですが、後半から(0:05〜)疑似ステレオを付けています。

設定

ルーティング

センドリターン

mix

100%

delay time

20msec前後

modulation depth

なし

modulation rate

なし

feedback

なし

原音と逆方向からわずかに遅れた音が聞こえることで、左右に広がって聞こえます。

f:id:oto_tech:20171007233814p:plain

ポイントは、ディレイ音の方が大きくなるように、0よりも多めにセンドすること。

先に鳴った音の方が大きく感じ、音源が偏って聞こえる*1ため、

遅れて出てくるディレイ音を大きくして辻褄を合わせているのです。

 

 

ピンポンディレイ

f:id:oto_tech:20171007234735p:plain

音が、左、右、左、右、左・・・と交互に繰り返されるディレイです。 

後半から(0:08〜)ピンポンディレイが付いています。

設定

ルーティング

センドリターン

mix

100%

delay time

8分音符や16分音符等、テンポにあったものがオススメ

modulation depth

なし

modulation rate

なし

feedback

なし

LPF

2000Hz〜8000Hz

ディレイのトラックを2本作る必要があります。

どちらも同じ設定でOKです。f:id:oto_tech:20171008001059p:plain

まず、原音から左のディレイにセンド。この時のセンド量が全体的なピンポンディレイの付き具合に関わってきます。

左のディレイから右のディレイにセンド。センド量は①の時と同じかやや多めくらいがいいでしょう。

右のディレイから再び左のディレイにセンド

 

これで、ディレイが左、右、左、右、左・・・と交互に繰り返されます。

※同じところをループするルーティングになっていますので、センド量を多くしすぎるとハウリングを起こしてしまいます。充分に注意してください。*2

 

 

おわりに

今回紹介したようなエフェクトは、どれも専用のプラグインで同じことが可能です。

しかし、ディレイを使うことで、設定次第では、専用のプラグインでは再現できないような変テコな効果も生み出せることがあります。

上記の数値は、あくまでそれらしい音にするための目安ですので、自分なりに設定を変えて色々なエフェクトを作ってみてください!

 

 

 

この記事を書いた人のTwitterはこちら

 

*1:これを「ハース効果」といいます。

*2:DAWによっては、ループするルーティングは組めなくなっているものもあります。

コードが分かると作曲が出来る!「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう!」編 その4〜パッシングディミニッシュ〜

f:id:oto_tech:20171004204725p:plain

「コードが分かると作曲が出来る!」シリーズ、 

「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう」だけで早くも4回目になってしまいました!笑

今回はパッシングディミニッシュを紹介します! 

 

過去の記事は

①  「作曲に使うコードを知ろう!」編

②  「作曲にはコードの順番が大事!」編

③  「コードを楽器へ割り振ろう!」編

④-1モーダルインターチェンジ

④-2セカンダリードミナント 

④-3リレイテッドⅡm7

 

続きを読む

コードが分かると作曲が出来る!「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう!」編 その3〜リレイテッドⅡm7〜

f:id:oto_tech:20171001162714p:plain

「コードが分かると作曲が出来る!」シリーズ、 

今回は「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう」の3回目として、リレイテッドⅡm7というものを紹介します! 

 

過去の記事は

①  「作曲に使うコードを知ろう!」編

②  「作曲にはコードの順番が大事!」編

③  「コードを楽器へ割り振ろう!」編

④-1モーダルインターチェンジ

④-2セカンダリードミナント 

 

続きを読む

コードが分かると作曲が出来る!「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう!」編 その2〜セカンダリードミナント〜

f:id:oto_tech:20171001111408p:plain 

「コードが分かると作曲が出来る!」シリーズ、 

今回は「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう」の2回目として、セカンダリードミナントというものを紹介します! 

 

過去の記事は

①  「作曲に使うコードを知ろう!」編

②  「作曲にはコードの順番が大事!」編

③  「コードを楽器へ割り振ろう!」編

④-1モーダルインターチェンジ

 

続きを読む

コードが分かると作曲が出来る!「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう!」編 その1〜モーダルインターチェンジ〜

f:id:oto_tech:20170928155402p:plain

「コードが分かると作曲が出来る!」シリーズの4回目。

今回は「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう!」です。

 

ダイアトニック以外のコードを使う場合はパターンがいくつかあるので、ややこしくならないように細分化させてもらいました。

 

なので今回は④-1として、モーダルインターチェンジというものを紹介します!

 

事前の知識として、同主調の概念を知っておいてほしいので、ご存知でない方は

平行調と同主調、そしてマイナーキーのダイアトニックコードをお読みください。

 

続きを読む

平行調と同主調、そしてマイナーキーのダイアトニックコード

f:id:oto_tech:20170928151618p:plain

ここしばらく、「コードが分かると作曲が出来る!」をテーマに記事を書かせていただいています。

「作曲に使うコードを知ろう!」編

「作曲にはコードの順番が大事!」編

「コードを楽器へ割り振ろう!」編

 

で、④「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう!」編を執筆していたのですが、書いているなかで、どうしても平行調同主調の話が必要になってきたんです。

ですので、先に「平行調と同主調、そしてマイナーキーのダイアトニックコード」をお送りします!

 

「そもそも“キー”ってなんぞや?」という方は、先に「曲のキー」って何?が分かる!音楽理論なんて知らないという人に向けて解説!をご覧ください。

 

続きを読む

コードが分かると作曲が出来る!「コードを楽器へ割り振ろう!」編

f:id:oto_tech:20170924201426p:plain

さて、前々回の「作曲に使うコードを知ろう!」編では、ダイアトニックコードを紹介しました。

そして、前回の「作曲にはコードの順番が大事!」編では、コードの役割とコード進行について書かせてもらいました。

 

今回はその続きになります。

前回、前々回の記事をお読みでない方は先にそちらをどうぞ! 

 

コードを構成する音

前々回、基本的な三和音は「1個目、3個目、5個目の音を鳴らすと出来上がる」と書きましたね。

 

この、1個目、3個目、5個目の音のことを、それぞれ、

ルート3度5度と呼びます。

f:id:oto_tech:20170923230928p:plain

ルート

1個目の音ですね。

日本語では「根音」です。その名のとおり、コードの根っこを支える音です。

コードがCならルート音は、コードがDmならルート音はです。

 

勘のいい方ならもうお分かりだと思いますが、

コードネームには、そのルート音が入っていますね。

ルートが、コードの中の最も基本の音だということです。

 

3度

3個目の音ですね。

コードがCなら3度の音は、コードがDmなら3度の音はファです。

 

さて、思い出してみましょう。

Cの場合、

ルートの「ド」から数えて半音4つ分右に「ミ」があり、

メジャーコードになりました。

Dmの場合、

ルートの「レ」から数えて半音3つ分右に「ファ」があり、

マイナーコードになりました。

つまり3度でメジャー/マイナーが決まるんですね。

 

メジャーコードになる3度の音は長3度

マイナーコードになる3度の音は短3度といいます。

3度なのかなのかで、明るい響きなのか暗い響きなのかが決まります

 

5度

5個目の音です。

コードがCなら5度の音は、コードがDmなら5度の音はです。 

メジャーコードもマイナーコードも、5度までの距離は同じでしたね。

明るい/暗い といった響きには影響を与えないので、安定感のある音です。

これを完全5度といいます。

 

ただし、Bdimだけは5度が半音低くて例外なんでしたね。

これは減5度と呼ばれ、非常に不安定な響きを生みます。

 

7度

ついでに四和音についても書いておきましょう。

f:id:oto_tech:20170923234952p:plain

7度、つまり7個目の音です。

コードがCM7なら7度の音は、コードがDm7なら7度の音はです。

CM7の場合、ルートの「ド」から数えて半音1つ分左に「シ」があり、

Dm7なら、ルートの「レ」から数えて半音2つ分左に「ド」があります。

これらが、メジャーセブンスとセブンスでしたね。

日本語では長7度短7度といいます。

 

7度の音を加えると響きに少しスパイスが加わった感じがします。

 

コードを各楽器へ割り振ろう!

コードは曲全体で鳴らす 

楽器には、

ギターやピアノなど、和音を鳴らせる楽器(=和音楽器)と、

トランペットやサックスなど、単音しか鳴らせない楽器があります。

 

しかし、コードは、和音楽器だけで奏でているのではなく、

楽曲全体で複数の楽器が集まって鳴らしているのです。

 

たとえば、こんなコード進行があったとしましょう。

 →  →  → 

王道進行のあとにツーファイブ、そして Ⅰ に戻るという進行ですね。

これを各楽器でどのように割り振るかを見ていきます。

 

ベースはルート担当

まず、ベースはルート音を担当します。

ルートはコードの根っこですから、最も下にないと気持ち悪いんです。

 

実際に聴いてみましょう。

Cメジャーキーで演奏しています。

FM7G → Em → AmDm7 → G7C

です。 ※最初のFとツーファイブのところを四和音にしてみましたが、もちろん三和音でもOKです。

譜面にすると、

f:id:oto_tech:20170925151849j:plain

こんな感じです。

下の段がベースの譜面ですが、

ファ →  →   →

と、すべてルート音を弾いていますね。

 

もし、ベースがルート音を弾かなかったらこんな感じです。 

すべて3度を弾いています。

なんか変な感じですね。

最も下にある音がルート以外だと浮ついた響きになってしまうんです。 

 

ピアノの弾き語りなんかでも、左手はベースを担当していて、ルート音を弾いています。

ギターのコードの押さえ方も、最も低い音がルート音になるように出来ています。

 

ベースパートは動いても*1いいんですが、それでも1音目にはルートを弾くのが普通です。

 

和音楽器はコードを弾く

ベースがルートを担当しました。

そして、和音楽器はもちろんコードを弾くわけですが、ここで「ボイシング」に着目してみたいと思います。

 

「ボイシング」とは、コードを構成する音の並びのことです。

f:id:oto_tech:20170925160042j:plain

たとえばCというコードはドミソですが、上の譜面のように

ドミソミソドソドミという3パターンの並び方が考えられます。

ベースがルート音を弾いていてくれさえすれば、コード構成音の順番は決まっていないということです。

 

このように、コードの並びを変えることを「転回する」といいます。

 

先ほどの例でも、1つめのFM7というコードはファラドミですが、僕はピアノをドミファラ転回形で弾いています。

 

これは、トップノートが上下に動きすぎると落ち着かないからです。

「トップノート」とは、最も上にある音のことです。

上の譜面の例だと、ラ → ソ → ソ → ラ → ラ → シ → ド と、トップノートがあまり大きな動きをしていないのが分かります。

 

もし、これを転回せずに全部通常の並びで弾くと、

こんな感じです。

どこかガチャガチャと落ち着かない印象ですね。

 

譜面を見ると、

f:id:oto_tech:20170925163441j:plainトップノートが大きく上下しているのが分かります。

これがガチャガチャする原因です。 

こうならないように、ボイシングを工夫してトップノートをなるべく近いところにするわけです。

単純に、ピアノを弾く場合の手の動きも小さくて済みます。

 

四和音のボイシングには注意が必要

四和音を転回する時には少しだけ注意してください。

どこに注意するかと言うと、トップノート と 上から2つ目の音 です。

これらが半音 or 全音でぶつかると、緊張感のある響きになってしまうのです。

f:id:oto_tech:20170925170336p:plain

この譜例でいうと、転回形その1ですね。

半音でぶつかっている音が目立つので緊張感が生まれてしまうのです。

僕が曲を作る際はこれはなるべく避けています。

あえて緊張感のある響きにしたいときは使いますが。

 

ただ、これは人によっては「半音(全音)がどこでぶつかってても気にならないよ!」という人もいますし、

逆に、「上だけじゃなくて、下でぶつかってても気になるよ!」という人もいます。(転回形その3のパターンですね)

 

まぁ、あまり気にしすぎずに、「響きがイヤだなと思ったら避ける」くらいの気持ちでいるのがいいでしょう。

 

単音楽器もコードを弾く

単音楽器(という言い方があるのかどうかは知りませんが)、つまりさきほど例に挙げたトランペットやサックスのような管楽器は単音しか鳴らせません。

 

また、バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスといったストリングスも、和音を鳴らすことは出来ますが、主に単音を弾く楽器です。

 

こういった単音楽器も、2本以上の楽器が合わさってコードを鳴らします

例えばドミソでいえば、チェロがド、ビオラがミ、バイオリンがソ といった具合です。

※ストリングスのボイシングにはまたセオリーがあるので、それは別の機会に。

 

スポンサーリンク
 

構成音を省略してもいい

和音楽器はコードを弾きますが、必ずしも、構成音をぜんぶ鳴らさなくてもいいんです。

ルートを省略

まず、ルートはベースが弾いているので省略可能です。

実際、ピアノからいくつかルート音を抜いてみましたので聴いてみましょう。

こんな感じで、所々ルートを抜いてみたんですが、

f:id:oto_tech:20170925154456p:plainさっきの「1_ベースはルートを弾く」とそんなに雰囲気が変わっていないと思いませんか?

ベースと同じ音なので当然と言えば当然ですね。

もちろん、ベースもルートを弾いていない、なんてのはNGですよ!

 

5度を省略 

次に、5度ですが、前述のように、明るい/暗い といった響きには影響を与えないので省略可能です。

ただ、5度は安定感のある音なので、ここを省くと軽い印象にもなります。

スッキリさせたいなら省略する、ドッシリさせたいなら省略しないのがいいでしょう。

 

3度を省略

3度はそのコードがメジャーなのかマイナーなのかを決定づける音ですから、基本的には省略しないようにしましょう。

 

ただ、この3度を抜いたコードは、パワーコードと呼ばれ、ロックのギターではよく使われています

 

やっぱり順番が大事

「3度を省略したら明るいか暗いか分からないんじゃないの?」という疑問はわいてくると思います。 

確かにその通りです。

しかし、前回の記事で書いたように、コードは順番が大事なのです。

 

試しに、

C → G → Am → EmF → C → G

Am → F  → G → Em → Dm  → G → C

というコード進行を、3度を抜いて弾いてみましょう。

これ、ギターはずっと3度を省略しています。

ベースもルート弾きですので、全く3度が無い状態です。

ですが、出だしは明るく、中盤は暗くなって、最後はまた明るく という風に聞こえませんか?

 

コード1つだけを弾いた場合は、3度を抜くと明るくも暗くも聞こえません。

ですが、このようにコード進行に沿って弾くと、ちゃんとコードの機能が聞こえてくるのです。

 

コードの順番が大事というのが改めて実感できたのではないでしょうか。 

 

 

今回はここまで!

次回からは、「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう!」編をお送りします!

 

 

 

この記事を書いた人のTwitterはこちら

 

*1:ルート以外の音を加えて弾くことを「動く」と言います。