おとてく

おとてく

作曲家/レコーディングエンジニア。フリーランスでギリギリ生きていけてる33歳が書くメディア。

コードが分かると作曲が出来る!「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう!」編 その5〜分数コード〜

f:id:oto_tech:20171018184930p:plain

「コードが分かると作曲が出来る!」シリーズ、 

間が空きましたが、「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう」の5回目!

今回は分数コードを紹介します! 

 

過去の記事は

①  「作曲に使うコードを知ろう!」編

②  「作曲にはコードの順番が大事!」編

③  「コードを楽器へ割り振ろう!」編

④-1モーダルインターチェンジ

④-2セカンダリードミナント 

④-3リレイテッドⅡm7

④-4パッシングディミニッシュ

 

 

分数コード

分数コードとは、本来のルート音ではない音にルートを取らせるコードのことです。

 

たとえば、C/Eというコードであれば、

f:id:oto_tech:20171018184531p:plain

のようになります。

Cというコードの下にが来るということですね。

 

表記は、C/EでもC/Eでも、C on Eでも構いません。 

どれも読み方は「CオンE」です。

※「EぶんのC」という読み方もありますが一般的ではありません。

 

では、ここから分数コードを使ったよくあるコード進行を紹介します!

 

 

 

Ⅳ→Ⅴ/Ⅳパターン

王道進行()の最初の2つのコードを、

Ⅴ/Ⅳ という風にルートだけⅣをキープします。

 

Cメジャーキーでいうと、

F → G/F ですね。

コードはFからGに進行しますが、ルート音だけはFのままキープさせます。

メロディーの動きが引き立つ効果がある定番の進行です。 

 

 【参考楽曲】スキマスイッチ『全力少年』

サビで使われています。

1:11あたりから聴いてみましょうか。

 

まず原曲キー(Dメジャーキー)のコード進行はこちら。

f:id:oto_tech:20171015213438p:plain

普通の王道進行であればGAといくところを、GA/Gとルート音をキープしていますね。

 

Cメジャーキーに置き直してみると、

f:id:oto_tech:20171015213655p:plain

こうなります。

 

同じパターンが用いられている曲

・Mr.Children『HANABI』

サビの、

「決して捕まえることの出来ない」の部分でルートがⅣをキープしています。

 

・back number『ハッピーエンド』

サビの、

「青いまま枯れてゆくあなたを好きなままで消えてゆく」の部分でルートがⅣをキープしています。

 

 

ペダルポイント

コードが進行しても、ルート音だけずっと同じ音を取り続ける手法です。*1

 

最低音がキープされるので、淡々としたイメージになります。

また、ペダルポイントから別の進行に向かう時により曲の展開感が強くなります。

 

 【参考楽曲】GAO『サヨナラ』

イントロとAメロでペダルポイントが使われています。

0:34あたりから 聴いてみましょうか。

 

まず原曲キー(E♭メジャーキー)のコード進行はこちら。

f:id:oto_tech:20171015210801p:plain

ルート音がずっとキープされているのが分かります。

 

Cメジャーキーに直してみてみましょう。

f:id:oto_tech:20171015210959p:plain

こうなります。

ベースを聴いていれば、ずっと同じ音なので分かりやすいのではないでしょうか?

 

同じパターンが用いられている曲

・きゃりーぱみゅぱみゅ『ファミリーパーティー』

イントロ、Aメロ、サビとふんだんにペダルポイントが用いられています。

 

・山下達郎『アトムの子』

曲中のほとんどがペダルポイントです。

『サヨナラ』も『ファミリーパーティー』もルートがでキープされていますが、

この曲はでキープされているのが特徴で、それが独特の浮遊感を生み出しています。

 

 

ルートの順次下降

ルート音を順々に下降させていくコード進行です。

 

たとえば、

CG/BAmGFC/EDm →...のような進行です。

ルート音だけを見ると、

CBA → GFED →...と順に降りてますね。

 

また、カノン進行の最初の3つ

CG → Am を

CG/BAm にする進行はバラードでは定番で、滑らかに流れるような雰囲気を生み出してくれます。

 

【参考楽曲】GLAY『HOWEVER』

サビで使われています。

1:21あたりから聴いてみましょう。

 

この曲はCメジャーキーですね。f:id:oto_tech:20171018191508p:plain

ルートだけ見ると、CBAGFと順に降りていってるのが分かります。 

 

同じパターンが用いられている曲

・ONE OK ROCK『Whatever You Are』

サビの、

「Whatever you are, I always make you smile

Whatever you are, I'm always by your side」

の部分をCメジャーキーに直すと、CG/BAmという具合にルートが下降しています。

 

・光GENJI『勇気100%』

サビの、

「そうさ100%勇気 もうがんばるしかないさ この

世界中の元気 抱きしめながら」 

の部分をCメジャーキーに直すと、CG/BAmEm/G → FC/EDmという具合にルートが下降しています。

 

 

 

今回はここまで!

次回はちょっと違う視点から切り込んでみるつもりです!

 

 

 

この記事を書いた人のTwitterはこちら

 

*1:さきほどのⅤ/Ⅳパターンも同じルート音が連続していますが、2コード連続したくらいでは、あまりペダルポイントとは言いません。