おとてく

おとてく

作曲家/レコーディングエンジニア。フリーランスでギリギリ生きていけてる33歳が書くメディア。

コードが分かると作曲が出来る!「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう!」編 その6〜sus4〜

f:id:oto_tech:20171031201058p:plain

前回の最後に、

“次回はちょっと違う視点から切り込んでみるつもりです!”なんて言ってましたが、書いてるうちに、順番的にそれは後回しの方がいいな〜なんて思ってきましたw

なので、しばらくは「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう」が続きます!

すみません!

 

今回は6回目。sus4(サスフォー)です! 

 

過去の記事は

①  「作曲に使うコードを知ろう!」編

②  「作曲にはコードの順番が大事!」編

③  「コードを楽器へ割り振ろう!」編

④-1モーダルインターチェンジ

④-2セカンダリードミナント 

④-3リレイテッドⅡm7

④-4パッシングディミニッシュ

④-5分数コード

 

 

 

sus4

「サスフォー」と読みます。

「suspended 4th」の略で、ルート、4度、5度からできています。

 

f:id:oto_tech:20171102223132p:plain

この譜面だとCsus4というコード。

ファになります。

「suspend」は「吊り上げる」という意味。

3度の音を吊り上げて4度にするというところから来ています。

 

ではここから、よくあるsus4の使い方を3つ紹介していきましょう!

 

  

Ⅰをsus4にする

まずは、(トニック)をsus4にするというもの。

 

sus4終止感のないコードなので、

Ⅰsus4の後 に進行して、解決させるのが定番です。

Cメジャーキーなら、

Csus4Cですね。

 

このパターンでは、メロディーも4度の音を取るパターンが結構使われています。

sus4をより際立たせ、コードの進行感を強調できます。

 

 

【参考楽曲】GLAY『HOWEVER』

前回の分数コードでも紹介した曲ですが、

実はsus4もサビで使われています。

1:21あたりから聴いてみましょう。

 

この曲はCメジャーキーですね。

f:id:oto_tech:20171031233025p:plain

Csus4のところで、メロディーも4度を取っているのにも注目してください。

 

同じパターンが用いられている曲

・SIAM SHADE『グレイシャルLOVE』

サビの、

Glacial love」の部分がsus4です。

この曲もメロディーが4度を取っています。 

 

 

Ⅴをsus4にする

次に、(ドミナント)をsus4にする手法。

 

やはり、Ⅴsus4の後 に進行して解決させるというのがよく使われます。

Cメジャーキーなら、

Gsus4Gですね。

 

こちらも、メロディーに4度の音を取らせるパターンは定番です。

 

 

 【参考楽曲】back number『繋いだ手から』

AメロでⅤsus4 → が使われています。

0:27あたりから聴いてみましょうか。

 

まず原曲キー(Eメジャーキー)のコード進行はこちら。

f:id:oto_tech:20171102205731p:plain

やはりsus4のところでメロディーも4度を取っているのが分かるでしょうか。

 

Cメジャーキーに直してみてみましょう。

f:id:oto_tech:20171102210023p:plain

こうなります。

 

同じパターンが用いられている曲

・スキマスイッチ『藍』

Aメロ、BメロにⅤsus4 → が用いられています。

 

 

Ⅱをsus4にする

もうひとつがsus4にする手法。

 

これはⅡsus4の後 に進行するのがほぼ100%です。 

Cメジャーキーなら、

Dsus4Dmですね。

 

で、本来はマイナーコードなんですが、メジャーコードに解決させるというパターンも結構あります

Dsus4Dということです。

 

とくにこのメジャーコードに解決する方は意外性があり、

聴き手に「おっ?」という引っかかりを感じさせる効果があります。

 

 

 【参考楽曲】松たか子『Let It Go』

イントロとAメロでⅡsus4 → が使われています。

0:02あたりから聴いてみましょう。

 

まず原曲キー(A♭メジャーキー)のコード進行はこちら。

f:id:oto_tech:20171102214010p:plain

前半はⅡsus4から本来のⅡmに解決。

後半はⅡsus4からメジャーコードに解決して、独特の雰囲気を醸し出すのに成功しています。

 

Cメジャーキーに直してみてみましょう。

f:id:oto_tech:20171102214250p:plain

こうなります。

 

同じパターンが用いられている曲

・ワンダフル☆オポチュニティ!『リモコン』

Aメロ、

「コレがワタシをリモートコントロールするきかいです」 の部分で使われています。

メジャーコードに解決していますね。

シンセのフレーズが、4度→3度(長3度)と動いているのが分かります。

 

 

 

今回はここまで!

まだしばらく「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう」が続きます!

 

 

 

この記事を書いた人のTwitterはこちら