おとてく

おとてく

作曲家/レコーディングエンジニア。フリーランスでギリギリ生きていけてる33歳が書くメディア。

コードが分かると作曲が出来る!「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう!」編 その7〜aug〜

f:id:oto_tech:20171103185454p:plain

「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう」7回目!!

今回はaug(オーギュメント)です! 

 

過去の記事は

①  「作曲に使うコードを知ろう!」編

②  「作曲にはコードの順番が大事!」編

③  「コードを楽器へ割り振ろう!」編

④-1モーダルインターチェンジ

④-2セカンダリードミナント 

④-3リレイテッドⅡm7

④-4パッシングディミニッシュ

④-5分数コード

④-6sus4

 

 

aug

「オーギュメント」と読みます。(「オーグメント」とも)

ルート、長3度、増5度*1からできています。

f:id:oto_tech:20171103201617p:plain

この譜面だとCaugというコード。

ソ♯になります。 

 

C+」と表記する場合もありますが意味は全く同じです。

 

さて、単体で鳴らすと奇妙な感じがするaugコード。

しかし、コードは順番が大事!

進行の中で用いると非常に魅力的に響くコードなんです!

 

ではここから、よくあるaugの使い方を2つ紹介していきましょう。

 

 

Ⅰ→Ⅰaug

まずはⅠaug。流れるような美しいコード進行です。 

 

Cメジャーキーでいうと、

CCaugですね。 

 

ここではソ♯という動きがあるので、次にが含まれるコードを持ってくるのが定番です。

もちろん絶対ではないですが、この半音の動きが滑らかさを生むワケですね。

 

 

【参考楽曲】GReeeeN『キセキ』

イントロとAメロでⅠ→Ⅰaugが使われています。

1:14あたりから聴いてみましょう。

 

この曲はCメジャーキーですね。

f:id:oto_tech:20171103174533p:plainC → Caug → AmC/Gの進行で、

ソ♯の流れが生まれているのが非常に滑らかです。

 

 

同じパターンが用いられている曲

・ディーン・マーティンetc.『Everybody Loves Somebody』

歌いだしの、

「Everybody loves somebody sometime」の部分がⅠaugです。

 

 

Ⅵ→♭Ⅵaug

次に、♭Ⅵaugルート音だけが半音下がる進行です。

 

Cメジャーキーでいうと、

AmA♭augですね。

ルートだけがラ♭と動いています。

ラ♭と来たら、次はをルートに持ってくるのが鉄板です。ほぼ100%。

 

augは、こういう半音ずつ下降する進行の経過コードとして使われる事も多いですね。

 

 

 【参考楽曲】藤井フミヤ『TRUE LOVE』

サビで♭Ⅵaugが使われています。

1:06あたりから聴いてみましょうか。

 

まず原曲キー(D♭メジャーキー)のコード進行はこちら。

f:id:oto_tech:20171103183241p:plain

ルートが半音ずつ下降していて、すごく美しい流れですね!

B♭♭(ダブルフラット)はAと異名同音です。

 

Cメジャーキーに直してみてみましょう。

f:id:oto_tech:20171103183435p:plain

こうなります。

 

 

同じパターンが用いられている曲

・Mr.Children『くるみ』

サビ、

「とはいえ暮らしの中で 今動き出そうとしている はぐるまの」

の部分が♭Ⅵaugです。

からのルートの半音下降がスムーズですね。

 

・Janne Da Arc『霞みゆく空背にして』

Bメロ、

「口づけて 愛し方 教えてくれたなら」

の部分が♭Ⅵaugです。

こちらもからルートが半音ずつ降りていってるわけですね。  

 

 

 

今回はここまで!

あとちょっと「ダイアトニック以外のコードを使ってみよう」が続きます!

 

 

 

この記事を書いた人のTwitterはこちら

 

*1:5度の音を半音上げた場合に増5度と呼びます。(「augment」は「増強する」という意味です。)